FC2ブログ

TWはもうやってません_(:3」∠)_

とりあえずメモ書きを残したいので久々に開いている状況。
(メモ書きしながら更新中)
Cent OS 7.2 でのサーバ構築作業

やりたいこと
・Minecraftサーバを建てる
  割と簡単。今日明日中には復旧したい。

・グラボを適用させる(割と面倒な手順が必要ではまり気味)
  必要なもの
NVIDIAのグラボなのでそこからドライバー(*.run)
make
gcc
kernel-source
kernel-headers

環境
・GNOME+X Windows System
 →後入れする(何故かOSインストーラーから入れるとこける・・・これではまるのも馬鹿らしいので後回し)

GNOME
yum groupinstall "GNOME Desktop"

X Windows System
yum groupinstall "X Window System"

⇒ 依存関係についてはGNOMEの方から入れたらX Window Systemも解決のためにまとめてインストールされた。

ロケールの確認とキーマップの変更
localectl
[あとでこぴぺする]

localectl set-keymap jp106

startxで起動したことを確認。

NVIDIAのドライバは落とした。
確認には
lscpu
lspci

Nouveau無効化(デフォルトドライバ)
→無効化する前にrunファイル実行したら作ってくれた。
/etc/modprove.d/nvidia-installer-disable-nouveau.conf
似たような手順でファイル名違いもあったりするので
/etc/modprove.d の中に *.confがおいてあればいいのかしら。

ファイル内容メモ(あとでちゃんとしたの持ってkるう)
--------------------------------
# generated by nvidia-installer (コメントも使えるようです・x・)
blacklist nouveau
options nouveau modeset=0
--------------------------------

無効化した上でdracutでinitramfsのイメージを作成しなおす。
(よくよく調べて理解しておかないと割と怖い手順)
drucut --force
でやりました。

この後reboot
lsmod | grep nouveau
⇒表示なし確認

UEFIだとセキュアに引っかかって起動できないかもよ、といわれた。
→ 選択肢でサインされた認証用のキーファイルインストールするか聞かれたので一緒に入れる。
 → /usr/share/nvidiaの下にderファイルができた。
  → 認証されてるモジュールファイルもいるか?って聞かれたのでYES
それぞれやって最後にcompleteって出たのでインストール完了。

そのまま再起動掛けたら起動さえままならなくなった^-^
⇒ 入れなおしてから以下試した。


色々やってたけど、結局以下でなんとかなった。

1: GNOMEとX Window Systemのinstall
2: nouveau無効化
3: reboot
4: yum update (kernelの更新含む)
5: reboot
6: dracut $(uname -r).img でイメージ再作成
 → この時点でカーネルイメージが新旧2つあって混乱していた。orz
7: reboot
8: runファイル実行
9: reboot

しかしリブート多いやね、ちゃんと理解してればもっとスーッといけそうな気もするけれど
環境構築急ぐので詳細またあとでまとめ直し。
ブログランキング・にほんブログ村へ

steam installに予想以上にはまったので

starbound windowsでのサーバ建て方メモ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)